エックスサーバーで画像が表示されない時の原因と解決法

エックスとさばライフ

 

カクッカクッ…

画像の表示が遅い。どうすればいいの?

 

画像がグチャグチャになってノイズ入ってる!

 

今回はエックスサーバーにおける画像の問題を解決します。

すべて私の実体験に基づいた解決法です。

 

スポンサーリンク

(原因その1)画像ファイルの拡張子が “.webp”

画像ファイルを選ぶ男性

 

拡張子が.webpの画像ファイルはたいてい表示されません。

 

このファイル形式があまりサポートされてないからです。

Google系ブラウザでは表示される可能性もありますが、iPhoneなどSafariで見ると表示されません。

 

.webpの画像ファイルはフリー画像に多いので注意してください!

 

.webpを違うファイル形式で保存すればいいじゃん!

せっかくのフリー画像。

そこは.webpではなく、.jpgや.pngで保存したいですよね。

 

そんな時にとても便利なGoogle拡張機能があります!

その名もSave image as Type

 

こちらのページでダウンロードしてください。

 

画像上で、右クリックして

Save image as Type > Save as ~

と選択するだけ。

とても簡単に使えます👇

Save as Typeの使用例

 

 

コンバーターを使おう!

Google拡張機能を使いたくない!

 

ブラウザは普段Safariを使う…

 

そのような方はこのWEBPコンバーターを使ってみてください。

オンライン上で.webpから.jpgや.pngに変換してくれます。

 

これならわざわざChromeの拡張機能をインストールする必要なし!

 

(原因その2)画像ファイルが大きい

ブロックを押す人

 

画像ファイルが大きいと表示に時間がかかります(カクッカクッってやつ)。

最悪表示もされません。

 

画像ファイルを軽くするには?

簡単に画像圧縮できる便利なサイトがあります。

TinyPNGというサイトです。

 

5MB以下の画像ファイルを最高20枚圧縮できます。

 

その使い方はとても簡単。

TinyPNGのページを開いたら、そこに圧縮したい画像をドラッグ&ドロップするだけです。

 

”download”の文字をそのボックスの部分にドラッグ&ドロップすれば続けて画像を圧縮できます。

 

これで画像ファイルが軽くなりました。

 

もう一度あなたのサイトに画像をアップロードしてみてください。

適切にかつスピーディーに画像が表示されたかと思います👍

 

最後に

以上がエックスサーバーの画像に関する問題解決法です。

上記のやり方で解決できたかと思います。

 

特に初心者の方は色々分からずに困ることが多々あります。

そういう時はまず調べて、それでも分からなければ詳しい人に聞きましょう!

それが確実ですね。

 

では頑張って!

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました