Visual Studioでオリジナルのショートカットキーを設定しよう!

VisualStudioショートカット

Visual Studioで自分の使いやすいショートカットキーを設定したいけどやり方がわからない…

 

 

Visual Studioのショートカットキー設定はとても簡単です!

今回はその方法を画像付きで具体例と合わせて解説していきます。

 

自分の使い慣れたショートカットキーで、コーディングの作業効率をUPさせちゃいましょう!

 

 

スポンサーリンク

Visual Studioにおけるショートカットキーと概要を簡単に説明

 

設定のアイコン ”” からショートカットキーの設定「Keyboard Shortcuts」を選択。

 

ショートカットキー設定

 

ここでVisual Studioのショートカットキーを一括で管理します。

 

 

今回の大まかなプロセスとして次の2つの順で進めていきます。

① 自分好みのショートカットキーを先に作ってしまう

② ①で作ったショートカットキーがデフォルトのものと被ってしまった時の対処

 

ではさっそく説明していきます。

 

今回の例でお見せするVisual Studioの言語設定は”英語”になっています。
日本語版をお使いの方は適宜訳してください。

① 自分好みのショートカットキーを先に作ってしまう

 

Visual Studioで自分のショートカットキーを作成するには次のようにします。

 

動作の名前(Delete、文末へ、ひとつ左へ など)検索欄で検索

目的の動作が見つかったらダブルクリック

自分の設定したいショートカットキーを入力してEnter

 

(例)Delete のショートカットキーとして Ctrl + H を設定してみます。

 

上段にある検索欄で「delete」と検索します。

Delete キーは「deleteLeft」なのでこれをダブルクリック。

 

deleteを検索

 

すみません。

画像ではもう設定しているのでCtrl Hが割り当てられてますね。

デフォルトではたぶんDeleteとなっているはず。

それに加え、その行の一番右側が”Default”になっているかと思います。

 

それで、「deleteLeft」の行をダブルクリックすると「キーを入力せよ」の欄が出てきます。

ショートカットキー入力

 

このタイミングで、今回設定設定したいショートカットキー Ctrl と H を押します。

その後、Enterを押して完了です。

 

この時、「既にそのショートカットキーは設定済みです」という内容の文が表示される場合があります。(画像の「1existing command has this keybinding」)

 

それはこの次の②で対処するので、ここでは無視してそのままEnterを押してとりあえず自分のショートカットキーを設定してちゃってください。

 

② ①で作ったショートカットキーがデフォルトのものと被ってしまった時の対処

 

まず、「このショートカットキーに何の動作が割り当てられているのか?」を調べます。

 

再び上段の検索欄です。

今度は、右側にあるキーボードのマーク ”” をまず押します。

 

ショートカットキー検索

 

そしたら、調べたいショートカットキーを入力してください。

いくつかの動作にそのショートカットキーが割り当てられていることがわかります。

 

言葉だけでは難しいので下の画像を見てください。

 

既成ショートカットキーの削除

 

Ctrl Hを入力した結果です。

 

私の場合、Ctrl + H に「Help : Keyboard Shortcuts」が割り当てられていました。

(違うものが表示される可能性もあります。)

 

Ctrl + H には、「deleteLeft」だけ割り当てたいので、「Help : Keyboard Shortcuts」は消してしまいます。

 

その行を右クリック>「Remove Keybinding」

これで、Ctrl + Hには「deleteLeft」つまり Delet キーの動作のみが割り当てられました。

 

1つのショートカットキーに複数の動作を設定していると、予期しない動き(いきなりダイアログボックスが出現とか)をすることがありますので注意してください。

 

主な動作の名前

 

最後に、各動作の名前(検索欄で検索する動作名)を挙げておきます。

 

動作名称
一行上へcursorUp
一行下へcursorDown
一文字右へcursorRight
一文字左へcursorLeft
文頭へcursorLineStart
カーソルより右側削除Delete All Right
DeleteキーdeleteLeft

 

最後に

以上がVisual Studioで自分オリジナルのショートカットキーを設定する方法です。

 

特にMacユーザーの方は、”カーソル移動”のショートカットキーとか使いたいですよね。

直前で紹介した「主な動作」も、Macで頻繁に使うショートカットキーです。

 

是非自分の使いやすいショートカットキーを設定して、Visual Studioで快適なコーディングをしましょう!

 

Macのショートカットキーについてはこちら👇

カーソル移動のショートカットキーだけは知っておきたい!

タイトルとURLをコピーしました