恋に苦しむ隠キャ(隠キャの独り言)

インキャの独り言と輝き陰キャの独り言

私は高校の修学旅行で台湾に行くことになった。この時の私に帰国時の自身の気持ちなど到底想像も出来なかった。

あれは最終日の前日だったか。最終日と言っても旅行経験のある方ならお分かりの通り、帰国の準備や移動の時間等で観光などほとんどできやしないため最終日の前日こそ(気持ち的には)最終日なのである。
そんな最終日前日の内容だったのが、「現地の大学生に一日かけて台湾を案内してもらう」というものだった。
雨の降りしきる寒い午前中から電車に乗り、台湾のあちこちを観光した。大雨で足元が悪くとてもあちこち行くには不向きな日であった。
それでも歴史あるお寺や台湾の原宿と呼ばれる繁華街、とても美味しい本格的なレストランなどに連れて行ってもらった。記念にその大学生と私の班とで記念写真を撮ったりもした。

さすがに私も疲れた。というのも、本当に日が暮れるほどになるまで一日中その女子大生に台湾中を案内してもらったのだ。だんだんと疲れを感じてきて、日が徐々に暮れてきているのに気付き、今日の内容も終わりに近づいていると実感が湧いてきた。
しかしその時の私の中には”彼女との別れ”も同時に感じられてきたのである。
『うん?なんだこの感覚は?とにかく悲しいというか寂しいというか残念というか…。』

今夜の食事はレストランで食べることになっていた。つまり今日の観光を一通り終えたら各班このレストランに集まる、言わばこのレストランが最終地点になっていた。
私の班は時間に余裕を持って行動していたのかそのレストランに早めに着いたため、予定の時間まで待つことになった(この時既にすっかり日は落ちていた)。
することもあまり無く、同じ班の男子と話したり同じく早めに着いてしまった他の班の男子とどこに行ったかなど互いに写真を見せ合って時間を潰した。
また、一日中案内してくれた現地の学生達は担当した班員と同席してではないがこのレストランで食事をするということだった。細かく言うとこのレストランに入ったらお別れということだ。(このように細く別れのタイミングを考えているのも何か気持ちの表れだろう)
そんな中、提案上手な同じ班の女子が最後の最後に彼女含め班全員で写真を撮ろうと言った(彼女といられるのも、今待っている時間が最後だから…)。
日が暮れて暗い中、フラッシュたいて彼女を含めた最後の集合写真を撮った。
それからも何分か待った。その待ち時間。私はただ辛っかた。もうお別れなのだと。

レストランに入り、事前に指定された席で食事をした。
だめだぁ。せっかくの台湾料理が喉を通らない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました