プロフィール

 

自分のこれまでの大まかな道のりです。

小学生時代からブログ執筆に至るまでです。

スポンサーリンク

無邪気、無知、無苦痛だった小学生時代

小学生

成長すればするほど小学生の頃に戻りたいという実現不可能な願望が強まってきます。

なんと言っても小学生は精神的、肉体的疲労・苦痛を感じない。少なくとも感じることがほぼ無い(私はそうだった)。あるとしてもせいぜい週明けの朝の登校くらい。

そんなん学校行ってしまえば何事もなかったかのようになるし自分が中高生になって考えてみれば、小学生の頃のあのダルさなんて屁でも無い。

ましてや人生規模で考えてみろ。自分が小学生の時の悩みなんぞなかったも同然だ。

 

毎日なんの苦痛もなく友達と遊ぶ日々。

遊戯王が流行ってました。また自分は遅めにモンハン(この頃は3rd)デビューし、先にやっていた友達にずいぶん助けてもらいました。

習い事で小学生から中3まで英語を習ってました。(小学生から通わせてくれた親には珍しく心からありがたいと思いますね。幼い時から他言語に触れられる価値)

 

今と比べて小学生の頃の私は、コミュニケーション力が抜群に冴えていた。

というかそんなん考えずに同級生ともちろん女子とも喋っていた。いじめの「い」の字も無論無い。

本当に最高の時代が小学生時代でした。

 

タームポイントはやはり中2です。中学生時代

中学生

 

中1は小学生の流れで持ち前のコミュ力を発揮。(中学校なのでクラスには他小学校生もたくさんいる)

気付いたらクラスの男子とは友達になっていた。

 

中学での部活は本当に楽しくてこれこそ部活のあるべき姿だと私は確信しています。

先輩との上下関係は緩く(部活終わりに一緒に学校の公園で鬼ごっこして遊んだくらい。マジ楽しかった。)

私はたびたび『成長はいやだねぇ〜』と言いたくなる。

”中2病”という言葉があるくらいだから中2は心の変化が大きい。実際に私もそうでした。なんか人とどう喋ったらよいのか、どう時間を過ごせば良いのか…

 

完全に根暗、隠キャ、コミュ障と化した高校生時代

完全にですね。完成しましたね。

まぁ詳しくは隠キャの独り言でいろいろ理解してもらえます。

振り切って友達作ろうとし失敗。その後は部活も辞め人と喋るのが嫌になり、単独行動が好きになり…と言った感じです。

高校生活はただ嫌だったという記憶しかありません。それしか言うことありませんね。

 

 

このブログと共に今に至る

無事大学も受かり春休み。

そこで親からよくバイトバイト言われていたし、周りの同級生もやっていたので薬局でバイトすることにしたんです。

一年近くやっていてバイトが死ぬほど嫌になりました🤢。それも詳しくは隠キャの独り言にたっぷり書いてあります。

 

 

『ホンマにねぇ〜ホンマに嫌になってねぇ〜…。』

とにかく嫌になってしまいました。

それからどうにかバイトを辞めました。

そのタイミングからですね。『Web系プログラミング言語のスキルをこの間に鍛えてクラウドソーシングで仕事を出来るようにしよう!』と決意しました。

以前からマナブログさんを拝見してまして、”引きこもりでも仕事が出来る”、”アフィリエイト”のワードが頭の片隅にありました。

そっからWeb系プログラミングの勉強をしました。

努力を継続した結果、ある程度のスキルはついたのでLancersで仕事を提案するようになりました。

 

しかし、なかなか案件獲得出来ない。これじゃバイト辞めても稼いでるって同級生に自慢できない!

とにかく自分のこのスキルを実地に活かしたかったんですよ。

 

そこで『んなら案件獲得できるまで待ってんじゃなくて、ブログで自ら発信してきゃいいじゃん。』ということで始まったのが今に至ります。

 

まぁ役立つ情報とかテクとか持論とかを発信してきます。

あと、「隠キャの独り言」も是非読んでください。これけっこうオモロイはずです。

私的にここが最も書いていて楽しいですし好きです。今までの苦悩や腹立たしいことなど思いの丈を全てぶちまけています。ほとんが実話に基づきます。

タイトルとURLをコピーしました