学生のうちにパソコン買っておきましょ

ノートとパソコンライフ

学生のタイミングでパソコン買おうか迷ってる…

大学生ってパソコン必要なの?

子供にパソコン買ってあげようか悩んでる…

 

結論

今すぐ買いましょう。

 

早い段階でパソコン購入を考え始めたあなたは幸運です。

今回はその理由について解説していきます。

 

記事を読む価値

・パソコンを購入するメリットがわかる。

 

・パソコン購入への迷いがなくなる。

 

 

スポンサーリンク

ネットの時代にパソコンは必須の相棒

パソコンと犬

 

プログラミング、ブログ、音楽作成、イラスト、YouTuber …。

これからのネット時代にパソコンは必須です。

 

”パソコンじゃないと出来ないような限界がくるから”また、”ネットビジネスという新たな大陸の発見になるから”です。

本当にパソコンとの出会いで世界広がりますよ。

 

ますます話題になってきているプログラミング。

これはパソコンがないと出来ません。

 

音楽制作アプリGarageBandを使った作曲、YouTube等動画の編集。

小さなスマホの画面でやりますか?

 

”操作性”という点においてもパソコンは優れているんですよ。

パソコンに慣れてしまうとスマホが使いずらく感じます。

 

正直パソコンに出会ってない人は損していると言えます。

新たな発見が盛り沢山。

井の中から飛び出た蛙です。

 

パソコンはこれからの時代に必要不可欠だということ。

 

早めにパソコンと仲良くなっておけば将来的に得るものが大きい

パソコンの前でガッツポーズする男性

 

迷っている暇あったらさっさと買いましょ。

 

パソコン購入が早ければ早いほど、最終的に成功する確率が上がります。

少なくとも得られるものが大きいです。

 

だって早いうちから初めておけば、その分スキルを鍛える時間が長くなるから。

どんどんレベルupします。

 

世界中にいるその道のプロを思い浮かべてみてください。

ほとんどの方たちが幼い頃から、つまり早い段階からそれを始めていた人です。

 

あの天才数学者ガウス。

文字の読み書きを覚える前から計算をしていました。

 

天才音楽家のモーツァルト。

5歳の頃から作曲をしていました。

 

村上ファンドで有名な投資家の村上 世彰さん。

小学生の頃から100万円を手に株を始めてました。

 

泣き虫愛ちゃんで有名な卓球選手の福原愛さん。

小さな頃から卓球している映像をテレビでもよく見ます。

 

台湾の天才プログラマーであるオードリー・タンさん。

12の歳ときにプログミング言語Perlをやり始めました。

 

これまたプログミング言語Rubyの開発者まつもと ひろゆきさん。

小学生のときにコンピュータに出会いました。

 

これくらい具体例を挙げればわかりますよね。

早めに始めることの大切さが。

 

だから早い段階でパソコン購入を考え始めたあなたは幸運なんです。

買えるならパソコンは早めに買っておきましょう。

 

「パソコン苦手で…」👈 使ってりゃ慣れますよ

パソコン苦手な女性

 

「パソコン苦手!」っていう人は安心してください。

使ってりゃそのうち慣れますよ

 

加えて、パソコンを使った授業が今後は増えるでしょうから、いつまでも苦手でいると自分が辛くなります。

 

”パソコン使ってりゃそのうち慣れる”の根拠として私がいます!

高校の情報系の授業で成績1を取りました。

事実です。

(成績表の画像を載せられないのが非常に残念。一年の頃のものなのでどっかいっちゃいました😓)

 

初めて自分のパソコンを買ったのは大学入学時です。

 

初めは訳がわからず四苦八苦しながらキーを叩き続けていると、いつの間にか慣れました。

使い始めの頃に憧れていた”ブラインドタッチ”も、今では当たり前のように出来ます。

 

ようは”慣れ”っていう事です。

何事もそうですよね。

慣れればこっちのもんです

 

なのでいくらパソコンが ”今” 苦手な人でも、パソコン買って使い始めてしまえば使いこなせるレベルまで到達します。

パソコン購入時に自分の機械音痴を持ち出す必要がありません。

 

最後に

 

以上が学生にパソコン購入を勧める理由です。

買いましょうよ。

 

早い段階でそれを考え始めたあなたは幸せです。

ぜひそれを無駄にせず自分の相棒なるパソコンを見つけてください!

 

最後にAmazonのリンクを貼っておきます👇

参考程度に眺めてください。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました