大学生でバイトしないことはいけないの?!

レジ打ちの少年バイト

大学生ってバイトするべき?
大学生ってバイトしなくちゃいけないの?

 

周りの大学生友達や同級生達がバイトしていて自分だけしていないのが少し複雑な気持ち…。

 

今回はこれらの疑問に対して考察そして解答していきます。

 

その前に、この記事を書くにあたり現在の私の状況と今までのバイト経験を簡単に紹介。

 

  • 現在バイトはしていない。この長いコロナ自粛期間を家で有意義に過ごしている。
  • 過去に一年近く薬局でバイトした経験を持っている。
  • 周りの同級生達は皆バイトをしてる

 

今回はそんな私が喋ります。

 

スポンサーリンク

バイトをするのは何か目的や理由があるから。ではそれは何?

第一に、勉学に忙しいであろう学生達がその時間を削ってまでバイトをするのは何か目的やはっきりとした理由があるからですよね。

 

次の調査結果をみると最も多いのがお金稼ぎのためです。

バイトをする目的

参考:HR NOTE

 

しかし大切なのはその先。

 

つまりそのバイトで得た金を何に使うのか?です。

そこまではっきりして、初めてバイトをする明確な目的・理由があると言えます。

 

では稼いだバイト代を何に使うのか?の調査結果がこちらです。

 

バイト代の使い道

参考:TOWN WORKマガジン

 

はいでました”貯金”私はこれが一番曖昧だと思います

 

確かにお金はいくらあってもいいかもしれませんし、心の余裕さえも生じます。

しかし、将来のことなどわかるはずもなく、”とにかく貯金”だと何だかな…。

 

それに比べ、「遊び」や「旅行」は確かにはっきりしていてそのことを考えれば、バイトも頑張れそうですね。

 

目的・理由の無いバイトはただの地獄

今あなたが目的及び明確な理由も無くバイトをしている。

もしくはバイトを始めようとしているならばやめるのが最良の選択です。

 

なぜならば 、何の理由も無く体力と時間を費やしてバイトをするとうことに意味が見出せず、今のままバイト続けようと思うはずがないからです。

 

簡単に例をあげます。すなわち「目的・理由なしに労力を費やすこと」です。

あなたが理系私立大学の受験生だとします。そして今年のあなたの受験において、世界史を受験科目として受験することが完全に無いとわかっています。

さて、この本番間近のタイミングであなたは世界史の勉強をするでしょうか?もちろん、世界史を勉強していれば将来何かしらの役には立つでしょう。

だとしても今のタイミングにあなたは世界史の勉強をしないし、するべきではない。このタイミングにおいては明らかに無駄である。

 

このように、バイトに限ったことじゃないかもしれませんが、目的や理由がないことに力を注ぐことはできませんよ。

 

つまり徒労に振り回されるような愚かなバイトはするべきではありません

下記の要因がありますね。

  • 同級生がみんなしてるから(周りに合わせる)
  • 親がうるさいから(言われるから仕方なくやる)
  • 大学生はバイトするものでしょ(腐った固定観念)

 

結論。

目的のないバイトはただの地獄であり究極の無駄。

そく退所しよう。

バイトのメリット、デメリット

と言っても、バイト経験がある私も実感したようにバイトで得られるものも無いわけではないです。

ここでは、バイトをするメリット・デメリットを簡潔にまとめます。

 

メリット

  • 社会勉強になる
  • 自由に使えるお金が増える
  • 将来のためにお金が貯められる
  • その職種に関する知識が身に付く

正直ここにあるメリットで、バイト経験のある私が実感したものはほぼありません(-_-;)。

 

あと、私的に「そもそも社会勉強って何だ?」ってなります。

 

”上下関係”のことですかね?

それならもうとっくに学校の部活動で上限関係という日本に特徴的な概念は学習・経験済みです。

 

その職種に関する知識が身に付くというのはメリットなのか…?

その職種のスキル養成を目的としてバイトを選んでいる方はメリットになるでしょう。

先のアルバイトの目的のところにあった「就職活動を見据えて」に繋がるということですかね。

 

デメリット

  • 勉強の時間が減る
  • バイトに没頭してしまい勉強が疎かになる可能性がある
  • 身体的精神的疲労が大きい
  • 嫌々やるとただの地獄と化す

やはり一番の懸念は勉強との両立ですよね。

どうしても勉強の時間が削れます。下手したらそのままバイトにのめり込んでしまいます。

 

実際に私の大学の先輩で、あまりにもバイトに没頭し過ぎてとるべき単位を取れず、サークルの新入生歓迎会で、「あれ?あなたは…1っ…2年生ですか」となることがありました。

 

結局のところ大学生はバイトするべきなの?

私が思うに、

「大学生はバイトをするべき」という考えを否定します。

”すべきでない”とは言ってません。

 

極論、バイトをするはっきりとした理由があるならやる。

そうでないならやらないでよろしい。

 

やりたきゃやりたい奴がやりゃいんだよ。

 

このうざったい少年が言うように、周りの人・同級生のことなどどうでもいいんですよ

 

バイトしたかったらやりましょ。

 

バイトしたくないならその時間を学生として必死に勉強すれば良し。

結果的に得るものは大なり

 

またお金に関しては大人になってまともに入社して、まともな金稼げばよくないですか?

で、そのお金で後々お世話になった分を返せば良いと思う。

 

これは別の考えとして、”バイトの経験をするため”にやるというのも一つの案ですね。

 

まぁ、別にバイトの経験なんてしなくても死にゃしませんけどね。

失うものもありませんし。

 

興味ある方は経験としてバイトしてみるのも面白いかもしれません。

 

最後に

最後まで読んでくださりありがとうございます。

大学生でバイトをしていない、そのモヤモヤが少しは消えましたか?

 

私もそのような気分を抱いたことが何度もありますが、よく考えてみればこんなん長い長い人生の米粒レベルの一部分に過ぎません。

 

大学時代にバイトをしていない、しなかったからと言って落ち込む必要は皆無ですよ。

 

そして最後の最後に、失敗するとこうなりますよという実例のご紹介です。

今回の記事をここまで読んで下さったた方には是非こちらも読んでもらいたです👇。

 

 

タイトルとURLをコピーしました