Kali Linuxのキーリピート設定

pcテクニック

1回しかキーを押してないのに連続して文字がたくさん出てくる…

 

例えば、

msfconsole

と押したのに、

msffffffconsooooooolllllllle

のように文字が連続して一気に出てくるやつです。

 

 

これはpcの動作が重いからとかではなく、”キーリピート (key repeat)” という設定の問題です。

 

ボタンひとつで簡単に、文字が連続して出ないよう設定できます。

 

 

以下、例としてKali Linuxでやる方法を画像付きで紹介します。

 

Linux系OSだったらやり方はほとんど同じですし、またWindowsやMacをお使いの方も参考になるかと思いますので是非確認してみてください。

 

スポンサーリンク

キーボードの設定画面にいこう

 

まず「設定」の画面にいきます。

 

Kali Linuxでは、デスクトップ上で右クリックして

 

「Applications」 > 「Settings」 > 「Keyboard」

と進みます。

 

日本語だったら

 

「アプリケーション > 「設定」 > 「キーボード」 

という感じですね。

 

(「アプリケーション」 > 「設定」 > 「キーボード」 )

linuxキーボード設定

 

 

キーリピートを設定しよう

キーボード設定画面にたどり着くと、Kali Linuxでは次の画面が出てきました。

 

(キーボード設定画面)

キーリピート

 

1回しかキーを押してないのに、連続して文字が出力される原因はこの

Enable key repeat

が有効になっているからです。

 

 

画像では既に外れてますが、この部分が有効になっていてチェックが入ってるならこのチェックをはずすだけで解決します。

 

 

そうしたら設定の画面を閉じて、もう一度ターミナル等でタイピングしてみると…

文字が一気に出てこないようになってるはずです。

 

これでずいぶん快適になります。

お疲れ様です。たったこれだけです。

 

 

 

 

 

最後に

以上のように”キーリピート”の設定をすれば、1回しか押してないのに文字がダダっと連続して出るということがなくなるはずです。

 

また、”キーの反応が遅くなった”と感じた時は、このキーリピートの部分を設定してみてください。

 

(ちなみに…)

私はVirtual Box上でKali Linuxを動かしてました。

 

Virtual BoxでKali Linuxって結構重くて、動作も鈍ったりしますよね。

 

なので、この連続で文字が出てしまう現象はその動作の遅さが原因なのかなぁ?と初めは思ったのですが、今回の方法で「キーリピート」を設定したらなくなりました。

 

つまり動作が重いというのは関係ないんですね。

 

皆さんも、1回の入力で文字が連続で出てきてしまう時はこのキーリピートを怪しんでください。

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました