Jupyter Notebookで必要なショートカットキーはこれだけ

ショートカットキー これだけライフ

Jupyter Notebookで特に使えるショートカットキーを知りたい!

 

Jupyter Notebookのショートカットキーって沢山あって覚えられない…。

 

実際に必要となるショートカットキーって少ししかないんですよね。

 

普段Pythonの勉強でJupyter Notebookを使っている私が、そのショートカットキーについて紹介します。

さらに、オススメのショートカットキーパターンも併せてお伝えします。

 

記事を読む価値

・必要最低限しかないからすぐに覚えられる。

・数少ないショートカットキーでJupyter Notebookの作業がはかどる

・オススメなショートカットキーのコンボも知れちゃう!

 

スポンサーリンク

モードとその変更

Jupyter Notebookにある2つのモード。

何かとややこしいのでここで簡単にまとめておきます。

・コマンドモード…セル自体の操作ができる

・編集モード…セルの中にコードを書く

 

コマンドモード から 編集モードへ

Enter

編集モード から コマンドモードへ

Ctrl + M

モードの切り替えはこの2つのショートカットキーでOK。

わざわざ esc キーに指を伸ばさない。

 

以降で紹介するショートカットキーは主に”セルの操作”(コマンドモードの時)のショートカットキーです。

コード実行

shift + Enter

編集モードでコードを書き終わったら、このショートカットキーでそのセル内のコードを実行。

プラス、下にセルを追加。

 

これは基本のショートカットキー ですね。

コマンドモードでのショートカットキー

セルの操作に関するショートカットキー です。

ここにある5つだけで十分セル操作できますし効率もメチャ上がります👍

 

※編集モード(コードを書き込むモード)の場合は、Ctrl + M でコマンドモードにしましょう。

そうしないとコマンドモードのショートカットキーが使えません。

 

セルを上に追加

A

セルを下に追加

B

 

もちろん”空の”セルを追加します。

 

上のセルに移動

K

下のセルに移動

J

 

コマンドモードの状態で、上や下のセルに移動します。

 

移動してそのセルにコードを書き込みたいと思ったら、Enter を押してコードが書き込めます。

(つまり編集モードに切り替わった)

 

セルの削除

X

 

以上がコマンドモードで覚えておくショートカットキーです。

これだけでだいぶ作業効率が上がります。

 

オススメのショートカットキーパターン

Ctrl + M のショートカットキーを用いた便利なショートカットキーの合わせ技を紹介します。

 

突然ですが、Jupyter Notebookで作業中こんな悩みありませんか?

 

長いコード書いてるとセルが詰まってくる。それでいちいちスクロールするのが面倒…。

 

これを解消するショートカットキーの合わせ技です。

 

 

それが

Ctrl + M からの Space

です。

 

コマンドモードでの Space キーは、下にスクロールするというショートカットキーです。

 

なので、編集モードでコード書いていて、詰まってきたらCtrl + M でコマンドモードにする。

これで Space キーをおせば自動で下にスクロールしてくれる。

 

このパターンはぜひ覚えておいてください!

いちいち手を離してスクロールするの面倒ですよね。

 

最後に

というわけで、Jupyter Notebookのショートカットキーで覚えるのはこれだけです。

やってみればわかりますが本当にこれだけで十分なんですよ。

数も少ないからさっさと覚えてしまって、今日からでも使ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました