iPhoneのスリープ設定を一瞬で切り替える

スリープのiphoneライフ

普段はスリープさせておきたい。でもスマホを長時間見る時など一時的にスリープさせないよう、その時々に応じてスリープさせるかさせないかを一瞬で切り替えたい。

 

iPhoneのスリープを一瞬で解除、そして一瞬で再びスリープ設定に切り替える方法を紹介します。

 

普段はスリープを機能させておいて、スマホ上で長時間画像を表示したくなった時などその時だけスリープ解除ができます。

電源の消費を抑えられながら好きな時にスリープが解除できるのでとても便利です。

 

スポンサーリンク

2ステップの手順

今回の方法をやるにあたり、2つのステップで説明します。

何でこうするのかよくわからないかもしれませんが、とりあえず以下の説明に従ってやってみてください。

 

(step.1)まずはスリープ機能を解除する

まずiPhoneをスリープをさせないように設定します。

設定 > 画面と明るさ > 自動ロック

と進み、一番下にある ”なし” を選択します。

”なし”を選択

 

これでiPhoneがスリープしなくなります。

 

(step.2)低電力モードにする

次にiPhoneの ”低電力モード” をONにします。

 

iPhoneの画面右上の部分から下へスライドするとバッテリーマークがあるはずです。

それを押せば低電力モードになります。

(このスライドして出てくる画面を”コントロールセンター”と呼びます。)

コントロールセンター

 

設定からもできます。

設定 > バッテリー

と進み、低電力モードをONにします。

 

設定で低電力モードON

 

低電力モードである印として、バッテリーマークが黄色になります

このバッテリーマークの色で、今の状態が低電力モードなのか否かを確認してください。

 

以上で低電力モードの設定は完了です。

 

状況を整理する

ここまでの2ステップを終えると、スリープ設定の切り替えが一瞬でできるようになっています

 

今は低電力モードですよね(右上のバッテリーマークが黄色)?

step.1でスリープさせないように設定をしましたが、それでも低電力モードではスリープします。

 

普段はこのまま低電力モードにしておき、スリープさせたくないタイミングで低電力モードを解除すればいいのです。

そうするとstep.1のスリープさせない設定が反映されてスリープしなくなります。

 

その後、またスリープするように戻すには、低電力モードをONにすればいいのです。

 

低電力モードのON / OFF切り替えは、iPhoneの画面右上の部分を下へスライドして、コントロールセンターのバッテリーマークを押すだけ。

 

これで一瞬にしてスリープ設定を切り替えることができます。

 

画面の右上からスライドしても、バッテリーマークが無い…。だから低電力モードののON / OFFが切り替えられないんだけど…。

 

その場合は次に説明する方法でバッテリーマークを表示させてください。

 

コントロールセンターにバッテリーマークを表示させる

設定 > コントロールセンター

と進み、下にある ”低電力モード” のプラスマークを押します。

 

コントロールセンターへの追加

 

これでコントロールセンターに低電力モードのON / OFFボタンが表示されます。

 

最後に

最後にまとめます。

普段はスリープの状態にある(何もしなければスリープが機能している状態)。

 

スリープを解除したい ⇒ 低電力モードをコントロールセンターでOFFにする

スリープするように戻したい ⇒ 低電力モードをONにする

 

ちなみに、上の画像内でに書かれているように、低電力モードだと「一部のバックラウンド機能が抑えられる」みたいなことが書かれています。

 

私個人は常時低電力モードにしていますがなんの問題もありません。

もし低電力モードに躊躇している方がいたら安心してください。

タイトルとURLをコピーしました