「ご冥福をお祈りします」ってどういう意味?

意味わかってますか?ライフ

誰か有名な方が逝去されると、ニュースとかでよく

 

「ご冥福をお祈りします」、「お悔やみ申し上げます」

 

って聞きますが、実際本当の意味を知らずにその場の雰囲気で使っていませんか?

 

今回はこれら人の死に対する感情表現の詳細な意味を解説します。

 

スポンサーリンク

ご冥福をお祈りします

まずこの言葉は

「ご冥福」+「お祈りします」


で構成されています。

 

「お祈りします」は「祈る」の丁寧な言い方で分かると思います。

 

「冥福」って?

 

確かに「ご冥福」は「冥福」の丁寧な言い方なんだろうけど、「冥福」ってなんだ?

多分”福”の字が入ってるから「幸福」的な?

 

たぶんこの程度で済ましている方も結構いると思います。

この「冥福」という言葉には、ただの「幸福」とは明らかに異なる意味があるのです。

 

それが

”死後の”幸福

という意味です。

 

よく考えてみると、何かハッピーだった時に「幸福ぅ〜!」とかは言うことがあるかもしれせんが、「冥福ぅ〜!」とは言いませんよね😅。

 

誰かがお亡くなりになった際に、決まって「ご冥福をお祈りします」と言うのもきちんとその意味に従っているということがよくわかりますね。

 

「冥福」とは”死後の”幸福です。

 

以上から、「ご冥福をお祈りします」とは

”死後の”幸福をお祈りしています

という意味になります。

 

ちなみに英語言うと

pay one’s last respects

:冥福を祈る

となります。カッコいいですね。

 

お悔やみ申し上げます

この言葉も二つの語

「お悔やみ」+「申し上げる」

により成り立っています。

 

どちらも元の語を丁寧に言った形です。

 

「お悔やみ」

「悔やむ」に”お”が付いて丁寧になったものです。

 

ポイントなのが、「お悔やみ申し上げます」で使われる”悔やむ”は考えてみれば分かると思いますが、”悔しむ”の意味ではありません。

 

実は「悔やむ」にはもう一つの意味があって、

人の死を悲しみ、とむらうこと。またその言葉

です。

「弔う」にも人の死を悲しむという意味があります。

 

「申し上げる」

日本人なら「申し上げる」くらい聞けばなんとなくは分かるとお思いますがこの語もしっかりと見ていきます。

 

「申し上げる」は、「お」や「御(ご)」の付いた自分の行為を表す体言にこの「申し上げる」を付けて、その行為の対象を敬うために使います。

 

”体言”とは簡単に言えば主語になりうる名詞や代名詞のことです。

 

つまり、ここでは「お」のついた”お悔やみ”の対象(=亡くなられた方)に敬意を表して「申し上げる」と表現するのですね。

 

まとめると、「お悔やみ申し上げます」とは

「人の死を悲しみながらもかつその人を敬う」

という意味なんですね。

 

そして、この表現を成り立たせる二つの言葉、「お悔やみ」と「申し上げる」はどちらも丁寧に言った形であり、「お悔やみ申し上げる」という言葉自体ものすごく丁寧な表現ということです。

 

この表現も英語でどのように表されるか見てみましょう。

 

心からお悔やみ申し上げます:

Please accept my sincere condolence.

I extend my heartfelt sympathy to you.

 

どうしても日本語の表現と英語に差があるので、英語ではずばりこれに対応する!とは言えませんが、「お悔やみ」を 英語で表すとなると

condolence[kɑndələns], sympathy

になります。

 

最後に

 

これらの表現は度々使われますので(好ましくはありませんが)、ぜひその意味をしっかりと理解しておきましょう!

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました