Google検索コマンド(Googleハッキング)とそのテクニック

グーグル検索する少年

実はGoogle検索にはいくつかのコマンドがあることをご存知ですか?

これから紹介するテクニックを使いこなせるようになれば、Google検索の効率が飛躍的に上がります。実際に私もいくつか使っていますが以前に比べ”ググり力”がかなりUPしました。

スポンサーリンク

まずは基本の「検索演算子」

ダブルクウォーテーション (例)”クエリ”

ダブルクォーテーション””で囲んだクエリ(検索する語句やフレーズのこと。キーワードみたいなものです)を含んだサイトを検索します。

普通に検索する場合も極力クエリと一致するように努力しますが、ダブルクウォーテーションを用いた方がより精度が上がります。

マイナス (例)-クエリ

省きたいクエリの前にマイナス記号-をつけることで、そのクエリを含まないサイトを検索できます。

AND (例)クエリ AND クエリ

二つ以上つなげますが、それらのクエリを全て含むサイトを検索します。これと対照的なのが次のORです。

OR (例)クエリ OR クエリ

これらのクエリのどれかを含むサイトを検索します。

これを人前で使えたらカッコいい!「Googleコマンド」

site (例)site:info

この場合infoドメインを持つサイトを検索します。他にも、site:jpとすればjpドメインを持ったつまり日本系のサイトに集中できます。これで国別のサイト検索ができます。

abc site:example.com とすれば、example.comのサイト内から”abc”の文字列を検索します。

intitle (例)intitle:abc

ウェブページのタイトルにabcの文字列を含むウェブページを検索します。

intitle abc “xyz” とすれば、タイトルに”abc”と”xyz”のどちらかを含むウェブページを検索します。”intitle”を”allintitle”とすれば、”abc”と”xyz”の両方を含むそれを検索できます。

inurl (例)inurl:efg

URLに”efg”を含むウェブサイトを検索します。上と同様に考え「allinurl:efg xyz」は、URLに”efg”と”xyz”を含むものですね。

filetype (例)filetype:pdf

ファイル形式を指定して検索できます。身近なものとして、Wordファイルの”.docx”やExelファイルの”xls”,”xlsx”があります。まぁファイル形式なので他にも様々ありますね。

複合的に用いた応用的なGoogle検索。的を絞った効率的な検索が可能に!

filetype:xls site:jp 名前

jpドメインを持つウェブサイトから”名前”という単語を含んだExelファイルを検索します。Exelファイルなので、名前等の”一覧”が載ったものですね。

filetype:csv site:jp @yahoo.co.jp 090********

ドメインがjpのウェブサイトで、Yahooメールのメールアドレスと携帯電話番号を記載したCSVファイル( , で値が区切られて入っているファイルのこと。Exelなどに取り込んで使用します)を検索します。

site:jp チャーハン

jpドメインで「チャーハン」という単語を含むサイトを検索。ごめんなさいおまけです。私がチャーハン好きなだけです😅。

主にレシピが出てきました。filetype:xlsにしたら献立表とかも出てきました。なんか楽しいですね!

最後に

上記以外にもまだまだたくさんのグーグルコマンドやテクニックがあります!気になる方はGoogle Hacking Database(英語)を参照してください。

そして、今回参考にさせてもらった書籍「ハッカーの学校」 IPUSIRON著 (データハウス)も是非ご覧ください👇!

 

タイトルとURLをコピーしました