シン・エヴァンゲリオン劇場版個人的感想+MX4Dについて

エヴァンゲリオンキャラ集合ライフ

昨日シン・エヴァンゲリオン劇場版3回目をMX4Dで観てきた(その内の一回はキャスト登壇による来場御礼舞台挨拶)。

 

今回はシン・エヴァンゲリオン劇場版の個人的感想を全部まとめて話す。

あと昨日観たMX4Dについても。

 

まじで個人的な感想をグダグダ話すよ。

何年か後にこの記事見てその時の感動を思い出すため。

スポンサーリンク

今まで映画でこんなに感動したことない

前日の夜もソワソワして寝れない。

朝一で映画館へ向かう。

24:00を秒単位で狙って席の予約する。

同じ映画を3回以上観る。

 

シン・エヴァンゲリオン劇場版は何度観ても感動する。

飽きなんて皆無。

 

俺ここまで映画で感動したの人生初。

すごいなエヴァンゲリオン。

綾波がどんどん感情豊かになっていく – そして別れ

今までにないほど綾波(初期ロット)の人間味が増してゆく。

 

ご飯食べてホクホク

 

仕事して、飯食って、風呂入って、寝る。

しっかりと人間の生活に馴染んでる、今までにない綾波。

昼寝する綾波レイ

草の上で昼寝する綾波レイとか最高かよ。

 

LCL浸かってないからそろそろエネルギー切れで活動限界が近くなる。

すると綾波が涙流すんだよね😭。

自分でさえも「泣いてるのは私?!」ってなる。

これが”悲しさ”。

 

でもこれをブチ切るようにこの綾波は消えて無くなってしまうんのが本当に悲しい。

シンジの前で、”ありがとう”を言いながら消えちゃう。

 

人との別れかぁ。

 

ちなみにこの綾波が泣くシーンって昔のやつにもあったんだね。

昔からのファンなら気づくやつ。綾波涙(旧)

ミサトさんがミサトさんになる

ミサトさん

このシーンは泣けるな。

 

ミサトさんには似合わないあのグラサンを取っ払って髪をかきあげる。

そして命を捨ててまで一人で突っ込んでいく。

死ぬ寸前に母親の顔にもなったよね。

 

ここ感動ポイント。

カヲル君の後ろ姿

アスカが13号機に飲み込まれる時、ポケットに手を入れたカヲル君が向こう向いてたね。

俺あの後ろ姿を見ただけですげー感動した。

 

13号機が初号機と戦う時、13号機の座り方。

完全にカヲル君だった。

シンジ少年が手を差し伸べるカヲルくんボロ泣き

カヲル君

カヲルくんのボロ泣きはまじやばかった😭。

ここも感動ポイント。

 

今までループする円環の中で必死にやってきたことは、結局はカヲル君自身の幸せのためだった。

みんなを送り出す覚悟を決めたシンジは、少年の姿となってカヲル君の前に現れ手を差し伸べる。

仲良くなるためのおまじない

😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

 

 

とにかく言いたいのは

カヲル君、お疲れ様。

”大人になったなシンジ”

碇ゲンドウ

これも今までにない。

 

こんなセリフ。

あのゲンドウがシンジを認めたんだ。

すげー泣けるなぁここのシーン。

 

ゲンドウは今までの幼少期からの苦悩を全て吐き出す。

 

孤独を愛していた。

しかしユイに出会って変わる感情。

そして初めて感じる、愛する人を失う苦しみ。

 

SDATで外界をシャットアウトする。

電車でSDATを持っていた学生時代のゲンドウはまさにシンジそのもの。

 

ミサトさんが命をかけて作り、運んできたヴィレの槍をシンジが受け取った時、ゲンドウは成長したシンジを目の当たりにする。

 

上のカヲル君同様、ゲンドウが抱きしめるのは少年のシンジ。

やっと夢が叶ったゲンドウ – ユイ・ゲンドウ・シンジの家族が揃う

シンジはヴィレの槍で自らを貫いてインパクトを止めようしてる。

そこでユイがシンジを払い除ける。

 

ゲンドウは念願のユイと一緒になれたし、シンジはゲンドウの目的に気づいた。

 

この家族三人が揃うシーン。

ここで流れる『voyager 日付のない墓標』がやべぇ😭。

 

メッチャあってるし、すごく泣ける😭。

感動ポイント。

追告 A『シン・エヴァンゲリオン劇場版』絶賛公開中

MX4Dはメッチャ楽しかった

つい昨日体感してきたMX4D。

 

椅子の揺れ・振動、風、匂い、光がアトラクションみたいですごく楽しかった。

MX4Dは3Dメガネ付けないタイプだったから酔わずに済んだ。

 

冒頭、パリの0706作戦シーンから楽しくてニヤケが止まらない😁。

通常の上映でも迫力がすごかった陽電子砲のシーンは期待通りやばかったなぁ。

 

一番揺れが激しくて楽しかったのは終盤、新2号機と8号機が膨大な数のエヴァ雑魚シリーズを倒していくシーン。

まじで揺れが激しくて最高に楽しかった。

どんどこぶつかってくる雑魚たちとかの振動もある。

 

”土の匂い”はすごいリアルだった。

 

4Dに関して少し残念なのはやっぱり”プシュー音”。

あの音でけっこう雰囲気崩れる。

これはもう少し技術が進歩して改善して欲しいな。

映画館で聴く宇多田ヒカル最高

映画館の大音量とスピーカーで聴く宇多田ヒカル最高よね。

あそこで立ち去る人はもったいないよ。

 

俺ずっと足とか指でリズムのってたもん。

宇多田ヒカル『One Last Kiss』

だめだ。

この曲聴くと思い出す😭

 

Beautiful World (Da Capo Version)もバスが素晴らしかった。

シン・エヴァンゲリオン劇場版「Beautiful World (Da Capo Version)」

Twitterで緒方さんのツイートに宮村さんが反応したのがまじ最高

これファンにはたまらんよね。

最後の最後まで楽しませてれる。

最高よ。

正直もう観たくない – 序も破もQも

だって思い出してしまうから。

まじで頭にこべりついてなーんにも集中できないんだよね。

 

一回観て少し時間経ってようやく落ち着いてきたタイミングでまた観に行く。

そうすっとまた感動やら悲しみやらでグゥ〜っとなる。

 

そういう時俺はYouTubeのコメ欄とか、Twitterとかで同じ気持ちの人を探す。

それでどうにか少しはおさまる。

最後に

昨晩は余韻に浸って何も集中できなかったからさっさと寝て、今日記憶が鮮明な朝イチでこの記事を書いた。

 

ただいま4/11(日)の8:50。

今頃、庵野総監督が登壇する大ヒット御礼舞台挨拶を見にみなさん席についてるだろうな。

 

はぁ〜、庵野監督が出る舞台挨拶。本当にこれで終わりだ。

庵野監督もその区切りを体現してみんなの前に登壇するんだ。

悲しぃ😭

庵野秀明総監督『エヴァンゲリオン』シリーズ史上、初の舞台挨拶登壇に観客歓喜!碇シンジ役緒方恵美・鶴巻監督・前田監督と登場 映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』大ヒット御礼舞台挨拶
タイトルとURLをコピーしました