失敗しないバイト選びのコツを紹介します

ブラックバイトバイト

初めてバイトするんだけど、どんなバイトを選べばいいか分からない…。

バイト選びに悩んでいます!

誰しも初バイトの選択には苦労しますよね。
今回はそんな方々のために、失敗しないバイト選びのコツをお教えしたいと思います。

また、私みたいにバイト選びで失敗して欲しくないのです。
本記事の内容はそんな私の失敗から学んだ多くの事をもとにまとめております!

スポンサーリンク

まずはバイトをどれくらいの期間やるか?を決める(私はこのはじめの一歩をミスして大失敗につながりました)

まずは自分がどれくらい長い期間バイトをやろうと思っているのか?をはっきりさせましょう。
これがとても大切なのです!

なぜならば、バイトする期間を把握していればそれから先の計画を立てることができ、気持ち的にも余裕が出るからです。

たとえば

  • 「受験終了後から入学式までの短期間だけ」
  • 「学校がしばらくない長期休みの間だけ」
  • 「学校生活と両立させながら年単位の長期的にやる」

などです。

ここの判断をミスすると、バイトを始めて数ヶ月経った頃になり

「もうそろそろバイト辞めたいけどなんか辞められない…😞」

っていう現象に陥ります。実際私もこれに悩まされました。

そこから苦悩の日々が続き、何が間違っていたのか?とずっと考えていたら“そもそもの選択が間違っていた”ことに気付いたのです。

入試が無事が終わり、そこから大学入学までのちょっとした期間だけバイトするはずが、なぜか短期間のバイトにせず薬局でバイトをしてしまったため、すぐになんか辞められるわけなく結局1ヶ月近く働くことになりました。

こちらにたっぷりその当時の様子が描写されています👇。

とにかくバイトを始めるまず第一歩として、どれくらいの期間バイトするのか?をはっきりさせておくことが重要です。

シフト変更の融通が効く度合いは、そのお店の規模に比例する!

“お店の規模”の意味するところは「従業員数」や「店舗そのものの大きさ」等です。
従業員が多いほど、シフト変更の柔軟性があります。

理由が何となくわかるかもしれませんが、人数多い方がそりゃうまくシフトを交代できる確率が上がります。

薬局では、通常店長含め3人で店をまわせるくらいの規模でした。
多少のシフト変更はありますが人数も少ないためそう簡単にシフトの交代がうまくいきません。

「そしたら絶対に大人数の方がいいじゃないかー!」

と思う方もいるでしょう。
しかし人数が少ないと、それだけ従業員間での繋がりが濃いものになるなどのメリットもあります。

それでもやはり、シフト変更の柔軟性を考慮すると規模が大きめのお店がより良いと思います。

 

自分のコミュ力に自信がなくても希望はある!適切な業種選択をしよう

大衆と女性

コミュ障の私はここにおいても再び、職種選択の失敗を実感しました。
私のようなコミュ障が接客業をやって死なない訳が無い…。

自身のコミュニケーション力に自信がなくても、安心してください!

現代ではありとあらゆる職種があります。最も身近なものでかつあまりコミュ力の必要性がなさそうな職種といえば“レストランの厨房や裏方”です。

そのほかにも類似の職業はたくさんあるでしょう。

また、コンビニ等の接客業が私たちの生活と隣り合わせなので「バイトってコミュ障は無理なの…?」みたいに思いがちですがそんなんことはないんですね。

職場までの距離は大切だけど….あまり家から近すぎることによるデメリット

家から仕事場までの距離はバイトを選ぶ際の一つのポイントにもなります。
しかし、いくら近場がいいからと言って、あまりにも家から近いとそれなりのデメリットもあります。

その主たるものといえば

知り合いにバイト先で遭遇する

ことですね。これ結構嫌じゃないですか?単純に恥ずかしいですよ。

特にコミュ障隠キャな私はそれが嫌だったので、(チェーン店)わざわざ同じお店の前を通り過ぎて遠くのお店でバイトしてました。

でも逆に「知り合いと遭えてむしろ嬉しいし、楽しくできる!」という方は、近場そして自分の知り合いと会えるメリットを考えれば、そちらの方が断然良いですね。

この場合もその人個人によりますが「必ずしも近場が最良」とは思い込まない方が無難です。

最後に

いかがでしたでしょうか?少しでもバイト選びの方針を立てることができましたかね?

是非とも皆さんには、私のような失敗をして欲しくないです。
そして何よりバイトをenjoyしてください!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました