憂鬱な朝から1日が始まる(隠キャの独り言)

インキャの独り言と輝き

移動しました。さらに読みやすくなりましたよ:

憂鬱な朝から一日が始まる|バイト先のハシビロコウ|note
※Mから聞いた通り忠実に慎重にそのMの身になって記す。 この時私は高校二年。世にもおぞましいことであった。 共感できる人も多少はいるかもしれない。 これは本当に子の私を苦悩に陥れた出来事である。 ある夜、私はふと目が覚めてしまったのである。 多分あれはまだ日が上っていない冬の寒い朝4時くらいだろうか? ...
タイトルとURLをコピーしました