Atomエディタのショートカットキー設定

pcテクニック

Atomエディタで自分の好きなショートカットキーを設定します。

ちなみにAtomでは「ショートカットキー」ではなく「キーバインド」と呼ばれます。

 

スポンサーリンク

ショートカットキー(キーバインド)設定の概要

Atomでショートカットキーを設定する方法は、keymap.csonに設定を書き入れるだけです。

 

keymap.csonというファイルの開き方は、Atomエディタにおいて

環境設定 > キーバインド

と進み、下の画像の赤矢印 ”キーマップファイル” の部分をクリックすれば開けます。

キーバインド

 

設定の書き方は次の文法に従います。

'Selector':
   'Keystroke':'Command'

次に具体例を示します。

具体例

やりたいことCtrl + hというショートカットキーにバックスペースの機能を割り当てる。

 

説明した通りkeymap.csonに書き込むだけ。

 

keymap.csonファイルを開いて、次の内容を書き込みます。その後(Ctrl + s + sで)保存すれば完了です。

'atom-workspace, atom-text-editor':
  'ctrl-k':'editor:cut-to-end-of-line'

 

「atom-workspace」や「atom-text-editor」の部分がSelectorです。

ここは色々と自分で他のセレクタを試してみてください。

おまけ

 

次の内容をkeymap.csonにコピペして保存すれば、Macユーザがよく使うカーソル移動系のショートカットキーがAtomに設定できます。

※Atomにはじめからでこのショートカットキーが設定されている場合は不要です。先にその点を確認しておいてください。

'atom-workspace atom-text-editor':
  'ctrl-h':'core:backspace',
  'ctrl-b':'core:move-left',
  'ctrl-f':'core:move-right',
  'ctrl-p':'core:move-up',
  'ctrl-n':'core:move-down',
  'ctrl-a':'editor:move-to-first-character-ofline',
  'ctrl-k':'editor:cut-to-end-ofline',
  'ctrl-e':'editor:move-to-end-ofline',

 

タイトルとURLをコピーしました